曲率法

 

ロッド上の各設計点の曲率を指定し(曲率カーブ)、設定した負荷(ライン番手、負荷長さ、最大加速度など)により各点が指定曲率となる様にロッド径を計算します。

本手法の優れた点は負荷条件(ライン番手など)、材料などを変えても、常に同じロッドの曲がりが同じになる様にテーパ計算ができる事にあります。

但し、使用材料の縦弾性係数(ヤング率)が必要になる為、工業材料以外は自ら測定・調査する必要があります。

DfrRodDesignerではトンキンケーン、煤竹、真竹、矢竹については密度、縦弾性係数のデータを設定してありますが、どの材料にも個体差があります。

                                「曲率カーブ一例」