「始めに

この度はロッド・デザイナーをご利用いただき、まことに有難うございます。

本ツールは「Microsoft Excel」をデータ表示・編集用に使用しているため、Excelがインストールされている必要があります。

又、Excelの基本的な操作を理解している事も必要となります事をご了承下さい。

Excel自体はExcel2007以前と以降では大きく変更されています、またExcel201020132016と変更されていますが、本システムではExcel2002から2016まで

を対象としています。基本的にはExcel2007以前を対象として説明してありますが、Excel2007以降についても適時追加してあります。

下記画面はDfrRodDesigner起動時のExcelバージョン別の初期画面になります。

        Excel2002.2003 初期画面 

  

             Excel2007 初期画面

  


           Excel2013初期画面 
  

 

Excelを使用することによって、Excelの多彩な機能を利用できデータ分析・集計など幅広く、快適なロッド設計が可能となっています。

[主な機能]

l       二種類のテーパ設計法(曲率法ストレス法)をサポート

l       デュアル・フレックス、ノーマル・フレックス・ロッド設計への対応

l       さまざまな中空ロッド(含むソリッド・ロッド)への対応

l       六角形だけでなく各種ロッド断面形状(四角、六角、八角、円)の設定可能

l       ロッド材料を複数から選択可能。一部物理定数設定済

l       各種フェルール(市販、オリジナル、その他)の設定可能

l       テーパ逆計算モードによる柔軟な設計・解析

l       Microsoft Excel を基本とする多彩な機能の利用可能