最終設計テーブル

DfrRodDesigne設計テーブル」中の「最終設計テーブル」には最終的な「短径ピース径、長径ピース径」欄、実効データ(曲率、ストレス)欄などのがあり、「ロッド撓み・実効データ計算」の結果を表示テーブルです又、ロッドの各負荷条件を変えて繰返して計算が出来ます。

特に0インチ位置のピース径は、計算上の値ですので実際に使用するトップ・ガイド寸法、先端を削る。、削らない、などにより最適な値に変更する必要があります。

                                   「最終設計テーブル」画面