ロッドテーパ計算処理サブ・メニュー

Excel設計テーブル上の各設定値とテーパ設定データによりロッドテーパの計算が実行されます、「設計基本条件設定処理」が実行された後、メニューバー、計算処理選択メニュー・「ロッドテーパ計算処理」サブ・メニューが有効になります。

                                  「テーパ計算処理」

 

「設計基本条件設定」の「テーパ計算処理」曲率法を設定すれば「テーパ計算処理サブ・メニューは「テーパ計算 曲率法」と表示され又、ストレス法を設定では「テーパ計算 ストレス法」逆計算に設定すれば「設計データ逆計算実行」と表示されます。

「テーパ計算」実行後、ロッド撓み・実効データ計算処理サブ・メニューが有効となり、計算実行可能となります。

*各設定データに誤りがある場合は“エラー”メッセージが表示されます。各メッセージに従い、設定値を見直して下さい。