用語解説

ロッド・デザイナーで使用されている用語を簡単に解説します。

 

デュアル・フレックス・モード

キャスティング方向と水平方向のロッド特性を別々に設定する扁平ロッドの設計法

 

ノーマル・モード

キャスティング方向と水平方向のロッド特性を同じに設計する従来からの正方断面のロッドの設計法。

 

ティップ・インパクト値

ロッド先端にかかるトップ・ガイド、フライ・ラインによる負荷モーメント、ロッド設計時の負荷状態を示すファクターとする場合もある

 

総合負荷モーメント

全ての負荷(ガイド、ライン、フェルール、バンブー本体、バーニッシュ)モーメントの合計

 

扁平率

デュアル・フレックスロッドにおけるキャスト方向・水平方向のロッド径の比率、正方ロッドの場合は“1”となる

 

曲率

ある点の曲り半径の逆数  1/in.

 

ストレス

ある点の単位面積当たりにかかる力 oz./in.2 、負荷モーメント/断面面係数

 

断面係数

断面形状、寸法により定まる構造係数


ヤング率(縦弾性係数)

材料の曲り易さ(曲り難さ)を表す物理定数  oz./in.2.

 

密度

材料の単位体積当たりの重さ oz./in.3

 

破断応力

材料が破断する応力、通常応力は破断応力を十分に考慮して設計しなくてはならない  oz./in.2

 

セクション重量

1インチ、又は5インチ当たりのロッド重量 oz.

 

曲率法

ロッド設計点の曲率を指定してロッドのテーパを計算する方法

 

ストレス法

ロッド設定点のストレスを指定してロッドテーパを計算する方法

 

中空部肉厚

中空ロッドに於ける中空厚味、mmで指定する

 

ロッド有効長

テーパ計算する際のロッド長さ、(ロッド全長ーグリップ長)で5インチの整数倍を指定する

 

フェルール位置

マルチピースロッドに於ける初期のフェルール設定位置、トップからインチ単位で指定する、標準は(ロッド全長/ロッドピース)

 

複合フェルールン入力

オリジナル・フェルール、市販フェルールなどフ自由な組合せで設定する

 

フェルール重量入力

オリジナル・フェルールを使用する際、フェルール重量(オンス)を直接入力する

 

実効ストレス

初期テーパ設定ストレス値に対し、実際のロッドの曲りを考慮して修正したストレス値

 

実効曲率

初期テーパ設定曲率値に対し、実際のロッドの曲りを考慮して修正した曲率値

 

 

「設計テーブル」に使用されている主な用語については「設計テーブル」上の各項目にコメントを付加してありますので、実際に使用しながら随時参照して下さい。尚、より詳細な情報を知りたい方は弊社ホームページをご覧下さい。

 

工房 渡辺  URLhttp://www.kobo-watanabe.com