[ デュアル・フレックス・ロッドの内部構造について ]

図1.ロッドの内部構造図 

既に、ロッド設計法:中空構造について:中空構造の製作 項目で簡単に節(ノード、ブリッジ)などについてふれていますが、ここではもう少し細かく説明いたします。

図1.はデュアル・フレックス・ロッドの内部構造を示しています。これらの構造は内部節(ノード、ブリッジとも呼ばれる)の状態と中空部の肉厚の状態を示しています。DFロッドの構造は大きく分けると”節””中空部肉厚”の状態で特徴づけられます。

(1)小さな内部節を作り、節数を多くしてロッドの耐対捩れ強度、耐圧縮強度を増強しています。

  全てのロッドは”曲がる”事により、曲がった部分にロッド本体を圧縮する”大きな力”が働き(図2)、
  ”圧縮による曲り”が発生します。


        

                    図2. ロッドに働く圧縮力

   特に中空構造のロッド(カーボン、グラス、その他構成材料に関係なく)はこの現象が現れ易くなります。
   例えばシューティングヘッド、WFラインなどを遠投する場合、最後の強いライン・フォールとリストダウンに
   より、ある特定の部分に大きな曲りが発生する場合に現れます。
   その結果、T.利点としては圧縮曲がりにより、遠投力が増大します。
   U.欠点としては大きく圧縮されることによるロッド強度、耐久性などへの影響が出ます。

   素材のバンブー自体の強度、各部分の接着強度の点から”圧縮曲り”を防ぐ為に、部分的に節の
   間隔を細かく
する事で、この現象を防止しています。

   また、中空構造ロッドでは”捻れ”についても注意しなければなりません。これは高層建築の構造でも理解で
   きるように”仕切り”を設けることで、”壁と仕切り”により建物の捩れ強度を上げることが出来ますが、
   同様に中空ロッドにおいても”仕切り(節、ノード、ブリッジ)は重要な要素になります。
   捩れ強度を上げるためには”節の形状と間隔”が関係します。
   節間隔をは”強度と軽量化”の関係で合理的な条件を探す必要があります。

 実際のデュアル・フレックス・ロッドではロッド長により異なりますが、”耐捩れ強度””耐圧縮曲り”などを
   考慮し、全体で節数は30以上になりますので中空ロッドでありながらより強いロッドが実現されています。

(2)中空部分の肉厚は一定ではなく、数段階に渡って肉厚を変えています。
    
    図1.に示しているように中空部分の肉厚を場所によって変えています。(図中のt1、t2、t3など)これは
    (T)接着面積を大きくし、接着力を大きくする。(U)ロッドの重量分布を変えることにより、ロッド・
    アクションを変化させる。

    などの理由によります。(U)については別項目で説明していますのでここでは省略いたします。

    (1)による”曲りによる圧縮力”は”曲率(曲り具合)”と”ロッド径”により決まります。
    同じ曲率(曲がり)であればロッド径の大きな方が圧縮力は大きくなります。従って、中空構造ロッド
    では各材料ピースを接着する際の接着力を極力大きくすることが重要になります。
    当然のことながら、バット側はロッド径が大きく且つ、常に大きな負荷がかかりますので接着力を大きく
    しなければなりません。 接着力を大きくするには”接着面積を大きくする”ことが必要となります。

    接着面積は肉厚に比例します。ちなみに、肉厚を10%厚くすると接着面積は21%増えます。
    
 実際のデュアル・フレックス・ロッドでは中空部の厚みを6〜7段階(ロッド・アクション、ライン負荷により
   異なる)に渡って変化させ、ロッド強度、耐久性の向上を図っています